歯間の汚れを効果的に落とす方法

歯間の汚れの効果的な落とし方について紹介しているサイト

力加減や頻度に気を付けよう

力の入れすぎに注意しよう

毎日しっかりブラッシングすることはとても大切ですが、やりすぎには気を付けないと歯の大切なバリア機能を損なったり削ってしまうことになりかねません。
自分のブラッシング時の力加減を実感するのは日常生活の中ではなかなか気付きにくいものですが、歯科医院へ行った時に聞いてみるのも良いですし、普段使っている歯ブラシの状態を観察してみるのもオススメです。
歯ブラシにもさまざまな種類があり、毛の固さや形状などによっても違いますが、ある程度形状記憶された状態の歯ブラシがすぐに形状変化してしまうのであればそれは力が入り過ぎているかもしれません。

また、力加減が適切でも頻度や1度のケアの時間が長すぎると同じような状態を招くこともあります。

適切な磨き方は個人差がある

ブラッシング時の力の入り過ぎなどによって歯の表面を削ってしまう恐れがあることを前述しましたが、反対に力を入れなさすぎても良くない場合もあります。
歯や口腔内の状態や、また歯の質などによってはしっかりゴシゴシと磨くことが合っている人もいて、歯科医院でそうするよう指導されるパターンもあるのです。

歯や歯茎など、口腔内においては一定の刺激が必要な面があり、食事で硬いものを食べることが少なければ毎日のブラッシングだけが唯一の刺激であるという人は少なくないでしょう。
刺激しすぎはもちろん良くありませんが、適度に刺激を与えることで歯肉の血流を促し丈夫な歯の状態を保つことに繋がる面もあるのです。
なかなか加減が難しいところですが、気になる場合はかかりつけの歯科医院で指導を受けるのが良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る