歯間の汚れを効果的に落とす方法

歯間の汚れの効果的な落とし方について紹介しているサイト

歯の汚れは歯間に溜まる

歯間のケアが大切な理由

毎日のブラッシングでは、落としやすい汚れと、落としにくいまたは見落としやすい汚れがあります。
磨き残しをしやすい汚れはまさに歯間に溜まってしまった汚れで、放置することで虫歯の原因となる代表格です。
家の中を掃除していると実感することもあるでしょうが、目地などの汚れというものは他の面に比べて汚れが溜まりやすく落としにくいものです。
歯でも同じで、ピンポイントで狙うように掃除しなければきれいに落とすことはなかなか難しいものです。

磨き残しができやすく、また毎日汚れが少しづつ溜まっていけば虫歯の原因となる歯間の汚れはできれば毎日、ブラッシングと同じくこまめに取る必要があるのです。
歯並びなどで詰まりやすい人と詰まりにくい人など個人差がある部分でもあります。

歯間ブラシやフロスを使おう

歯間のケアをピンポイントで行うなら、デンタルフロスや歯間ブラシがオススメです。
歯間は、元々の個人差もありますが歳をとることで歯間が空いてきたり、生活習慣などでも隙間が大きくなることがあります。
歯列矯正などで隙間を正すこともできますが、普段の生活で支障が無いのであれば歯間のケアとしてこういったアイテムを取り入れてできる限り清潔に保つことが大切です。

多くの人が毎日一定の量の食事をしますが、その都度歯や口腔内は汚れにさらされることになります。
前回のブラッシング時に取りきれていない汚れが残った状態で食事をすれば新たな汚れがまたそこへ蓄積していくことになります。
デンタルフロスは歯ブラシと違って歯間に直接アプローチできるので、歯ブラシだけのケアと比べて格段に汚れを除去することができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る